CUBE BIKES Unofficial Navigator




フルサスMTBハードテイルMTBロードバイククロスバイクトライアスロン女性用バイク子供用バイクウェア関連用品



OFFICIAL HOME - 公式ホームページ

CUBE.EU


WHERE TO BUY - 買い求め先

Dealer Search

国内販売店
 代理店と取引のある国内の販売店で買い求めるのが、正規の流通ルートです。一般的に国内の正規販売店から購入すると、購入時の調整のほか、自転車にトラブルが発生した際に販売店へ持ち込んでアフターサービスを受けることができたり、代理店や販売店からリコール・不具合等の情報提供やサポートを受けられる等といったメリットがあります。

2013年3月現在、CUBE公式ホームページのディーラー情報から、日本の販売店の情報が見当たらなくなっています。そのため、以前は前掲のディーラー情報を基に販売店リストを作成して公開しておりましたが、公開を中止させていただきました。
国内で取扱いのある販売店については、代理店に問い合わせる以外に知る術はなさそうです。

2015年10月現在、CUBE公式ホームページのディストリビューター情報から、日本の代理店の情報が見当たらなくなっています。現在国内代理店の有無、国内販売店の有無ともに不明です。

海外からの個人輸入
 現在は以前と比べてかなり円安傾向にあるので、割安感は薄らいでしまいましたが、欧州の自転車ショップの中には、CUBEの完成車を日本宛に発送してくれるショップがあります。
「言葉の壁」をはじめ、商品違い・輸送中の破損といった「購入時トラブル」のリスク、使用中の故障や不具合といった、購入後のトラブルが発生した際に「アフターサービスを受けるのが困難」なリスク等がありますが、日本でCUBEの自転車を入手する方法のひとつです。
(CUBEのアフターサービスは、原則として購入したショップを通じて受けることになっており、日本の代理店では個人輸入した自転車のサポートを受けることはできません。)
欧州のショップから輸入する場合、現地のVAT(付加価値税)はかかりませんが、嵩や重量があるため相応の送料がかかるほか、輸入時の諸経費、内国消費税がかかります。
最終的にかかる費用やリスク等を総合的に勘案して、自己責任で輸入することになります。

 Chain Reaction CyclesでCubeバイクの取り扱いが再開されています。

関連記事:【自転車】海外通販のすゝめ 完成車を買ってみよう(ガジェット通信)

日本の代理店について
 日本には「株式会社キューブ・ジャパン」という代理店が存在していましたが、2015年10月現在、CUBE公式ホームページのディストリビューター情報のリストから情報が消えています。これまでも掲載されたり消えたりと何度か繰り返されており、現在の営業実態は不明です。ホームページの内容はCUBE公式ホームページへのリンクのみで、会社の概要も国内の販売店もよくわからないのが現状です。
キューブ・ジャパンは、以前はフォーカス・ジャパンという商号でFOCUSの代理店をしていた会社で、元々はソンチアー・ジャパンという、パソコンのケース(筐体)等を取り扱う商社だったようです。

CATALOG - カタログ
CUBE CATALOGS 2016

USEFUL INFO - お役立ち情報

CUBEマニュアル一覧


ディレイラーハンガー部品情報[PDF]

純正ハンガー入手可能先
Winstanleys Bikes
BIKE-DISCOUNT
Surosa Cycles[WEBからの注文不可]

互換ハンガー入手可能先
DerailleurHanger.com

よくある質問(日本語)

フレームサイズの目安(日本語


ABOUT CUBE - CUBE紹介
[pict]

 CUBEは多様な自転車を製造している、ドイツの自転車メーカーです。
1993年に、当時学生だったMarcus Pürnerが、父親の家具工場の片隅でCUBEを創業しました。今日、生産施設は50m²から20,000m²にまで拡大し、CUBEの自転車は世界の32の国々に輸出されています。

CUBEの自転車は全て、ドイツのウォルダーショフにあるCUBEイノベーションセンターで自社技術者が設計し、開発とテストはウォルダーショフの工場やバイエルンアルプス、その周辺地域で行っています。また、フレームの多くはアジアで生産しており、全ての品質検査とリーミング、フェイシング、組み立てはドイツの工場で行っています。そうすることで、完成品の品質を管理し、最も厳しい品質規格への適合を保証できるのです。






DmCW このページはCUBEの公式サイトではありません